夏バテ

夏の極端な暑さは、暑邪(蒸し暑い日本の真夏のように、熱と湿が入り混じった状態)となって体内に入り込み、気を消費させてしまいます。

 

 いつもブログを読んで頂き有難うございます。

 

とくに日本の夏は高温多湿で、湿邪(じめじめした梅雨のように湿気が過剰で、重純な重だるさや冷たさ、腫張)も消化吸収にかかわる脾胃の機能を低下させて、気の不足を招きます。

 


夏バテに効く食べ物☆疲労回復、消化促進

 

夏バテは2つのタイプに大別できます。

 

1つは、梅雨どきから体調が悪くなるタイプ

もともと胃腸が悪い人に多く、湿邪が脾胃にとりつくために、津液を排出する機能が低下し、不必要な水分が体内にたまります。

体調が悪く夏中ゴロゴロして過ごします。

食欲が低下して夏やせするのも、このタイプです。

 

もう1つは、夏の間は元気に活動していて、秋口にガクッと体調を崩すタイプ

夏の暑さにより、気と陰液(いんえき)を消耗するのが原因です。陰液とは、体の熱を冷ます体液のことです。

 

そのため、体内の熱をさばききれず、体調をくずしてしまうのです。

自分がどちらかのタイプになりやすいかを自覚して防御策をとり、厚い夏もイキイキと元気に過ごしましょう。

f:id:keiichi-s:20170916112545j:plain

                          f:id:keiichi-s:20170916112619j:plain

 

梅雨から食欲が低下する人

湿邪が脾胃、つまり胃腸にとりつくと、水分の排出が悪くなり、体内に余分な津液が停滞するため体がだるく、疲れやすくなります。

汗をかきにくく、口の中がねばっこくなったり、足がむくんだりします。

また、冷たいもののとりすぎ
   ↓
脾の機能の低下
   ↓
体内の水分の停滞
 ↓
水分が熱を吸収
 ↓
暑いので冷たいものが欲しくなる

という悪循環に陥りやすいので、注意が必要です。


元気をつけようと肉類をたくさん食べすぎると、脾に負担をかけるので逆効果です。
消化のよい食事を心がけ、あずきやとうがん、すいか、はと麦、白菜、とうもろこしなど、余分な水分の排出を助ける食材を食べましょう。


秋に疲れが出る人

毎年、夏の終わりから秋口に体調をくずして寝込んでしまうような人は、夏の間の頑張りすぎが原因です。

皮膚が乾燥して、手足がほてり、のどがかわきます。また、息ぎれや強い倦怠感があります。

夏の間、元気なときこそ、しっかりとした対処が重要です。

体に熱をため込まないように注意して、気と陰液の消耗を防ぎましょう。

汗をかいたらこまめに水分を補給し、栄養をたっぷりとって元気をつけることが大切です。

 

気や陰液を補う作用のある、うるち米、山いも、しいたけ、じゃがいも、なつめ、豚肉や、陰液を補って熱を冷ます作用のある、すいか、はちみつなどの食材を食べましょう。

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。